NEWS最新文章

2017.03.13 桃園国際空港から台北駅へ交通手段は

桃園空港から台北へは、客運バスを利用するととても便利です。バス路線の数が多いばかりでなく、西門町、松山、南港エキシビジョンセンター、ひいては台中まで、様々な場所に行くことができ、宿泊する場所に合わせて、目的に合った最適な路線を選ぶことができます。また、空港リムジンバスの本数も多く、必ず快適な座席に座ることができます。私も毎回出国や帰国の際にはいつも国光客運のリムジンバスを利用していますよ。
では、国光客運の5つの空港リムジンバス路線をご紹介します。

1.【1819】臺北-桃園機場
台北駅や西門町周辺にご宿泊でしたら、1819番が最も便利です。唯一の24時間運行路線で、深夜のフライトでお疲れでも、もう心配いりません!
さらに、台北駅で下車した後に、切符の半券を利用すれば西門町行きのシャトルバスに無料で乗車することもできます。



2.【1840】松山機場-桃園機場
行天宮経由、松山空港行き



3.【1841】松山機場-南崁-桃園機場
南崁・MRT中山国小駅経由、松山空港行き



4.【1843】桃園機場-南港展覽館
内湖経由、南港エキシビジョンセンター行き




5. 【1860】桃園機場-臺中
中部や南部にご宿泊の方は、台中駅や朝馬バスターミナルまで行ってから桃園空港直通バスに乗り換えることができます。



enlightened国光客運なら桃園空港の第1ターミナルや第2ターミナルを出たらすぐに乗ることができるので、道に迷う心配もなく、移動も安心です。
*桃園空港第1ターミナルバス乗り場:入国B1フロアバス乗車エリア







*​桃園空港第2ターミナルバス乗り場:1階入国ロビー東北側の外廊下







台北駅までご利用のお客様は、台北新駅で下車した後に切符の半券を利用してさらに西門町行きのシャトルバスに無料で乗車することもできるので、バックパッカーにはとても便利です!



旅費節約のために深夜便をご利用の方もいらっしゃることと思いますが、空港からの交通手段についての心配はご無用です。高価なタクシー以外にも、台北駅-桃園空港第1・第2ターミナル間を往復する唯一の24時間運行路線、国光客運1819番バスを利用することができるのです。
深夜のバス時刻表はこちらをクリックしてください



また、大小たくさんの荷物を毎回自分で持って歩くのはとても不便ですが、客運バスに乗ってしまえば重い荷物を積み下ろしする手間も省け、必ず快適な座席に座ることができます。しかも、充電用のUSBポートが設置されているのです!これも、私が空港へ行く際に国光客運を利用したくなる大きな理由の一つなんです!


 
  • アクセス
1.【1819】臺北-桃園機場
2.【1840】松山機場-桃園機場
3.【1841】松山機場-南崁-桃園機場
4.1843】桃園機場-南港展覽館
5.【1860】桃園機場-臺中
 
  • 国光客運公式サイト
 
当ウェブサイト内のコンテンツの著作権は当社が保有します。無断複写・転載を禁ず。
Copyright © 2016 K.K.Media All rights reserved